礼金が不要なケース

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

関東への引越しの際、気になるのはまず敷金と礼金です。引越しの際、どうしても費用がかかるのは敷金と礼金のおかげですが、一方では業者や経営者サイドとしても慈善事業で不動産事業を行っている訳ではないだけに、いわば手数料のようなものですが、関東の不動産業者は礼金を高く取っている所は少ないです。多くても1カ月程度で、2か月分の礼金を取るような業者は少数となっています。敷金に関しては2か月が多く見られます。

この背景にあるのは供給過剰があります。関東の都心部の不動産では入居率が低下しています。空室問題が叫ばれているのですが、相場がありますので賃料を下げることは出来ません。そこで何を下げられるのかといえば敷金と礼金です。不動産業者としても家賃は継続的な収入になるので値下げは収入ダウンとなってしまいますが、敷金や礼金は下げた方が他の業者への牽制にもなりますし、消費者へのアピールにもなるのです。

敷金に関しては退去時に清算する形になるので良いのですが、礼金に関しては戻ってくるお金ではないだけに、あまり払いたくないと考えている人も多いかと思いますが、すでに関東への引越しの際、礼金は取らない所が増えているのです。