礼金が不要なケース

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

関東への引越しの際、気になるのはまず敷金と礼金です。引越しの際、どうしても費用がかかるのは敷金と礼金のおかげですが、一方では業者や経営者サイドとしても慈善事業で不動産事業を行っている訳ではないだけに、いわば手数料のようなものですが、関東の不動産業者は礼金を高く取っている所は少ないです。多くても1カ月程度で、2か月分の礼金を取るような業者は少数となっています。敷金に関しては2か月が多く見られます。

この背景にあるのは供給過剰があります。関東の都心部の不動産では入居率が低下しています。空室問題が叫ばれているのですが、相場がありますので賃料を下げることは出来ません。そこで何を下げられるのかといえば敷金と礼金です。不動産業者としても家賃は継続的な収入になるので値下げは収入ダウンとなってしまいますが、敷金や礼金は下げた方が他の業者への牽制にもなりますし、消費者へのアピールにもなるのです。

敷金に関しては退去時に清算する形になるので良いのですが、礼金に関しては戻ってくるお金ではないだけに、あまり払いたくないと考えている人も多いかと思いますが、すでに関東への引越しの際、礼金は取らない所が増えているのです。

転居先をネットで探す

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

首都である東京をはじめ、その近辺である関東の首都圏。サービスはもちろんですが、流行、文化などが生まれて国全体に波及していくことになるなど様々な面で中心地としての存在感があります。近年では都心回帰の動きが加速しているだけに、関東の首都圏は更に利便性が高まっています。そのため、引越しをと考えている人も多いのではないでしょうか。

また、進学や就職といった生活環境の変化によって関東まで引越しをするケースもあるかと思いますが、関東への引越しはどのくらいのお金がかかるのかよく分からない人も多いのではないでしょうか。

引越しはどのようなシチュエーションなのかによってかかるお金が変わってくるのですが、どのような引越しであれ関東への引越しとして大きな特徴が見られますので、関東への引越しがどれくらお金がかかるのかをお話します。便利な街なだけに集う人も多いですが、馴染みのない人にとっては分からないことも多いはず。関東に住んでいる人にとっては当たり前に感じることでも、関東以外から関東にやってくる人にとっては分からないことも多数あって当然です。

特に引越しの場合、業者への依頼だけではなく、実際の作業や周辺への配慮等、どうすれば良いのか分からないものです。引越しという生活環境の変化は、お金だけではなく様々な物が必要になってくるのですが、まずはお金の面をお話します。どれくらいかかるのか分かれば引越しの目処も付けやすくなります。